おすすめ「システム手帳バインダー」ブランドまとめ|用途に合った素材・デザイン・サイズを選びがポイント

システム手帳バインダーおすすめブランドまとめイメージ画像

毎年新しい手帳に変えて利用する「綴じ手帳」とは違い、いつでもスタート可能で、必要なフォーマットのリフィルを自由に組み合わせて使えるシステム手帳。

バインダーを利用するので、「綴じ手帳」と比べて少し重くて大きいというデメリットもありますが、自分オリジナルの手帳になることは大きな魅力です。

そこでこの記事では、「システム手帳バインダー」のおすすめブランドをセレクトして紹介。自分に合った製品選びの参考にしてみてください。

なお「システム手帳リフィル」については、別記事で紹介しているのでこちらも参考にどうぞ。

またプリンタで印刷して使える、当サイトnichiMAG(ニチマグ)オリジナルリフィルもご活用ください。

関連記事 おすすめ「システム手帳リフィル」まとめ

おすすめ システム手帳リフィル「Good Day Diary」

それでは1つひとつ、おすすめ「システム手帳バインダー」ブランドを紹介します。

PLOTTER(プロッター)のシステム手帳バインダー

本革とリフィルの綴じ具ビだけで構成された、シンプルかつスタイリッシュなシステム手帳バインダー。豊富な革の種類のなかから、好みのものが選べるのが特徴。

システム手帳バインダーのなかでも、特に「薄さ」にもこだわっており、カバンに入れて持ち歩くビジネスシーンでも活躍間違いなしのブランドです。

特徴

  • A5・バイブル・ナロー・ミニの4種のサイズ
  • 薄くて軽くて、180°開く仕様
  • 本革仕様でスタイリッシュなデザイン

参考 プロッター公式サイト

ASHFORD(アシュフォード)のシステム手帳バインダー

30年以上の歴史を持つ日本のブランド。ファッション性を重視したシステム手帳バインダーをラインアップしているのが特徴。

豊富なラインアップを取り揃えているので、公式サイトやAmazon・楽天などでラインアップをチェックしてみるのがおすすめ。

特徴

  • ファッション性を重視したシステム手帳バインダー
  • 30年以上の歴史を持つ日本のブランド
  • 豊富なラインアップ

参考 アシュフォード公式サイト

FILOFAX(ファイロファックス)のシステム手帳バインダー

1921年イギリスのロンドンで誕生。1984年に日本に上陸してシステム手帳ブームのきっかけを作ったブランドです。

シンプルで使いやすいデザインはもちろん、クリップブックなど安価でおしゃれな製品も開発しており、おすすめです。

特徴

  • 伝統あるイギリス・ロンドン発のブランド
  • 豊富で正統派なラインアップ
  • 安価で使いやすい「クリップブック」もラインアップ

参考 ファイロファックス公式サイト

BINDEX(バインデックス)のシステム手帳バインダー

Bindex バインデックス デュエ A5 システム手帳 収納手帳 バインダー 15mm
created by Rinker

BINDEX(バインデックス)は能率手帳(NOLTY)で有名な日本能率協会マネジメントセンターによるシステム手帳ブランド。リフィル も数多くラインアップしており、使いやすいシステム手帳です。

文具店や書店などでも取り扱いされていることが多く、購入しやすいのもポイント。ただしすべてのラインアップはAmazonなどのネットショップで確認するほうが確実です。

特徴

  • 能率手帳の機能性を受け継いだリフィル
  • 収納性・携帯性に優れたバインダーが豊富
  • 文具店・書店で購入しやすい

参考 BINDEX(バインデックス)公式サイト

Davinchi(ダビンチ)のシステム手帳バインダー

ダヴィンチ Davinci グランデオイルレザー ジャストリフィルサイズ・聖書システム手帳【デザイン文具】【smtb-k】 【 w4】 【smtb-m】
created by Rinker

文具・事務機の総合商社であるレイメイ藤井が展開する、主にビジネス向けのシステム手帳バインダー。BINDEX(バインデックス)と同様にリフィル のラインアップの豊富。

比較的安価なエントリーモデルはもちろん、素材にこだわった上質な製品までラインアップ。文具店や書店でも取り扱いが多いのもおすすめポイントです。

特徴

  • ビジネス向けの機能性あるバインダー
  • 豊富な手帳リフィル
  • 文具店・書店で購入しやすい

参考 Davinchi(ダヴィンチ)公式サイト

MARK’S(マークス)のシステム手帳バインダー

マークスシステム手帳 A5正寸 バインダー トライアルリフィル入り 無地 ピンク ODR-DC01-PK
created by Rinker

文具・雑貨メーカーMARK’S(マークス)のシステム手帳バインダー。女性向けで、カラフルでポップなデザインが特徴。

A5サイズとHBWA5(高さがバイブルサイズ・幅がA5サイズ)の2種類で、デザインラインアップが豊富。リフィルもカラフルで、楽しく使うことに注力された製品です。

特徴

  • 女性向けのカラフルなデザイン
  • 楽しく使うことに注力した製品
  • かわいいアクセサリも豊富

参考 MARKS(マークス)公式サイト

「システム手帳バインダー」で今日の暮らしを楽しむポイント

システム手帳バインダーおすすめブランドまとめイメージ画像

毎年買いかえる綴じ手帳と違って、長く使い、育てていくシステム手帳。

本革の場合はエイジングも楽しむことができるので、長く使うことを前提に、少し上質なブランド選ぶのがおすすめです。

またシステム手帳は、年の途中でも使い始めることができます。必要に応じていつでもリフィルを入れ替えて「自分に合わせて使える」ことが、一番のポイント。

既製品のシステム手帳リフィルはもちろん、無料ダウンロードできるリフィルも活用して、楽しく使うのがおすすめです。

関連記事 おすすめ「システム手帳リフィル」まとめ

おすすめ システム手帳リフィル「Good Day Diary」

\ほかの手帳・ノートもチェック/
セレクトして更新中

無料ダウンロード

gooddaydialyアイキャッチイメージ
手帳リフィル

システム手帳やルーズリーフに印刷して使える手帳リフィル。随時追加中!

一覧へ

文庫本カバー「青空、羽ばたけ。」
文庫本ブックカバー

A4用紙に印刷して利用できる文庫本ブックカバー。現在6種類!

一覧へ

FOLLOW ME

SNSで更新情報をお知らせ
Facebook Twitter Feedly