アイデア出しやスケッチを鉛筆タッチで楽しむシャープペンシル|KOKUYO鉛筆シャープ

アイデア出しやスケッチのように思いつきをササっと書き出したい時に、鉛筆の書き心地は思考を止めることがなくて心地よいもの。

でも削ったりすることを考えると、日々の利用や持ち歩く場合はシャープペンシルの方が使い勝手が良いことが多いのも確かですよね。

そこでおすすめなのが鉛筆とシャープペンシルの良いとこ取りをした筆記用具「KOKUYO鉛筆シャープ」。

安価だから手軽に購入できるので芯の太さのバリーエションを変えていくつか持っておくと、より便利です。

KOKUYO鉛筆シャープの「芯のバリエーション」は3種類

KOKUYO鉛筆シャープ先端アップ

コクヨ鉛筆シャープの芯のバリーエーションは0.7mm・0.9mm・1.3mmの3種類。

本体の価格は1本100円程度なので、用途に応じて使い分けるために3種類持っておくのもおすすめ。太芯のシャープペンシルはまるで鉛筆のような書き心地で濃淡の表現もしやすく、使っていて楽しいですよ。

KOKUYO鉛筆シャープはカラーバリエーションも豊富

画像出典:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/pencilsharp/basic/

公式サイトにあるように、カラーバリエーションも豊富。三角軸や六角軸などデザインもいくつかあるので、自分に最適なものを選ぶことができます。

ビジネスの現場で使うビジネスマンはもちろん、学生や児童まで自分にあったものを見つけることができるはず。

KOKUYO鉛筆シャープの芯は上から挿入するだけ

KOKUYO鉛筆シャープ芯の挿入口

芯を挿入するのは本体上部の穴から。キャップを外したりする必要がないので、小さなキャップがなくなる心配もありません。

とてもシンプルなので本当に使いやすいデザイン。小さな子どもでも、問題なく自分で芯を入れて使うことがでできるはと思います。

KOKUYO鉛筆シャープのKOKUYOロゴ

デザインもロゴと芯径、そして型番が書かれているだけ。必要な情報だけが手に入る利便性を保ちつつ、使い場所を選ばないのも魅力的です。

KOKUYO鉛筆シャープで今日の暮らしを楽しむポイント

KOKUYO鉛筆シャープ全体イメージ

ビジネスの現場ではアイデア出し、趣味のスケッチ、受験生はマークシートの記入など、どんなライフスタイルを送る人にとっても使いやすい鉛筆シャープ。

好みのデザインと芯径をいくつか取り揃えて、お気に入りのペンケースに入れて持ち歩くことで新しい発想が生まれるかもしれません。

\ 持ち歩くのにおすすめのメモ帳 /

\ 持ち歩くのにおすすめのペンケース /

\ほかのペン・筆記具もチェック/
セレクトして更新中

無料ダウンロード

gooddaydialyアイキャッチイメージ
手帳リフィル

システム手帳やルーズリーフに印刷して使える手帳リフィル。随時追加中!

一覧へ

文庫本カバー「青空、羽ばたけ。」
文庫本ブックカバー

A4用紙に印刷して利用できる文庫本ブックカバー。現在6種類!

一覧へ

FOLLOW ME

SNSで更新情報をお知らせ
Facebook Twitter Feedly