【コスパ最高】おすすめペン・ボールペンまとめ|書きやすい・素敵なデザイン・安価で楽しく使える!

コスパ最高で書きやすいボールペンまとめ(イメージ画像)

毎日使うペン・ボールペンは書きやすさが一番大切。さらに素敵なデザインだと楽しく使うことができますよね。

とはいえ、パーツの素材・デザインにこだわったペン・ボールペンは高級なものが多いのも確かではあります。

そこでこの記事では、ガシガシ使いやすい安価なペン・ボールペンの中から、書きやすさと素敵なデザインを兼ね備えた製品をセレクトして紹介します。

普段使いのペン・ボールペン探しの参考にしてください。

エナージェル インフリー(ぺんてる)

まずご紹介するのは「ぺんてる」の「エナージェル インフリー」。透明ボディにインク色が透けて見えるデザインが素敵なボールペンです。

インク色は5色(ブラック・ブルー・ブルーブラック・オレンジ・ターコイズ)で、鮮やかなインク色は特に見栄えがしますよ。

ブルーブラックはブラックに近いブルーで、ビジネスシーンや手紙にも普通に使える素敵な色合い。ぜひ使ってみて欲しい色です。

レビュー記事 エナージェル・インフリー

JETSTREAM/ジェットストリーム(三菱鉛筆・uni)

書きやすさ抜群の油性ボールペンを選ぶなら、まずおすすめするのが「三菱鉛筆・uni」の「JETSTREAM」。

油性ボールペンの中でも「書き味のなめらかさ」はピカイチで、ボディ(本体)の種類も豊富なのが特徴です。

特におすすめするのが、コンパクトな3色ボールペン。スタイリッシュなデザインながら黒・青・赤の3色が使える多機能ペンです。

レビュー記事 JETSTREAM・3色ボールペン

JUICE UP 04/ジュースアップ(パイロット)

パイロットの JUICE UP 04 は 芯径0.4mmで、細かい文字もきれいに書きやすいボールペン。ボディ(本体)デザインもスタイリッシュで素敵です。

スタンダードなインク色の全10色揃っており、ノートの装飾にも便利。さらにパステルカラーやメタリックカラーも各5色づつラインアップされています。

仕事や勉強などの普段使いはもちろん、バースデイカードや店頭POPなどをキレイに仕上げるのにも重宝するボールペンです。

レビュー記事 JUICE UP 04

ボールぺんてる(ぺんてる)

1970年代に発売され、現在も愛用者が多いロングセラーのボールペンが「ぺんてる」の「ボールぺんてる」です。

通常のボールペンはペン先のボール部分が金属製なのですが、ボールぺんてるは樹脂製なのが特徴。とにかく、書き味のなめらかさがクセになります。

定番のインク色は黒・赤・青の3色ですが、45周年記念として7色セットも販売されているので、ぜひ手に入れておきたい一品です。

ボールぺんてるの定番色イメージ画像
出典:ぺんてる公式サイト

プラマンJM20(ぺんてる)

ぺんてるのプラマンはボールペンではないのですが、ペン先に工夫があり、とても書き心地の良いペンです。

発売から40周年を迎えて、日本初で世界的にも愛用者の多い定番のペンです。ペン先がしなることから「とめ」や「はらい」も表現できるのが特徴。

デザインも海老茶色と呼ばれるブラウンのボディに、キャップの金属製クリップ部分にあるインク色のカラーインジケータが素敵です。

レビュー記事 プラマンJM20

「コスパ最強なペン・ボールペン」で今日の暮らしを楽しむポイント

コスパ最高で書きやすいボールペンまとめ(イメージ画像)

普段づかいでガシガシ使うペン・ボールペンは、高級品では少し気が引けるもの。とはいえ書き心地とデザインにはこだわりたいですよね。

そんなときは、今回ご紹介したペン・ボールペンをぜひ試してみてください。1本数百円程度で購入可能なのに、本当に使いやすいものばかりです。

しかもデザインも本当に素晴らしいので、持っていて楽しくなるペン・ボールペンです。ペンケースや胸ポケットに1本、忍ばせてみてくださいね。

紹介したペン・ボールペン

関連記事 JETSTREAMの消せるボールペンのセット

関連記事 カスタムオーダーできる手帳・ノートカバー

\ほかのペン・筆記具もチェック/
セレクトして更新中

無料ダウンロード

gooddaydialyアイキャッチイメージ
手帳リフィル

システム手帳やルーズリーフに印刷して使える手帳リフィル。随時追加中!

一覧へ

文庫本カバー「青空、羽ばたけ。」
文庫本ブックカバー

A4用紙に印刷して利用できる文庫本ブックカバー。現在6種類!

一覧へ

FOLLOW ME

SNSで更新情報をお知らせ
Facebook Twitter Feedly