レトロな趣きと未来的な格好よさが融合した、ローラー・ディスク式の腕時計|アナログ・デジタルウォッチ FUTURE FUNK

アナログの文字盤を持つ腕時計やデジタルウォッチは多く存在するけれど、アナログでローラー回転する機械的ムーブメントを持つ腕時計は珍しいですよね。

FUTURE FUNKは、時が進むたびにクルッとディスクが回転するだけで、なぜかワクワクする格好よさを持っている腕時計です。

まさにレトロの趣きと未来的な格好よさが融合した腕時計。具体的にどんな動きをするのかを見てほしいので、まずはメーカー公式の動画をみてください。

この動きを見るだけで、なんだか欲しくなってしまいます。そして価格も1万円程度からと手に取りやすいのが特徴。進学祝いや就職祝い、また父の日のプレゼントなどにも最適なのです。

ちなみに、今回紹介するのはスクエアデザインに「革製のバンド」のものですが、丸いデザインや「メタル製のバンド」もあります。公式ネットショップをチェックすると、より自分好みのデザインが見つかると思います。

FUTURE FUNK は重厚感と高級感あるデザイン

FUTURE FUNK(文字盤メイン)

FUTURE FUNKのデザインは重厚感があり、1万円程度とは思えない高級感を持っています。Tシャツ1枚にジーンズなどのシンプルなファッションでも、存在感があるのでアクセントになる格好良さですよ。

FUTURE FUNK(バンド・留め具側)
FUTURE FUNK(バンド・ベルト側)

革ベルトも厚みがあり、どっしりとしています。色は表面が渋くて格好よいブラック、裏面は少し明るめのブラウンで、革の持つ良さを引き出しつつ、丈夫なつくりになっています。

FUTURE FUNK(バンド・留め具裏側)
FUTURE FUNK(バンド・ベルト裏側)
FUTURE FUNK(文字盤裏側)

バンドの裏面には「FUTURE FUNK」の文字が刻まれています。シンプルで主張しすぎないのが格好よく、バンドの穴が円形でなく、細い長四角なのもスタイリッシュさをアップしていますね。

FUTURE FUNK は3気圧防水機能・ステンレススチールケース

FUTURE FUNK(全体イメージ表側)

FUTURE FUNK の本体は3気圧防水・ステンレススチールケース。日常生活で使用するのは十分な仕様となっていいます。

FUTURE FUNK(全体イメージ裏側)

ただしアンチショック仕様にはなっていないので、激しい運動などをする際や、強いショックがある可能性がある場合は使用しないように注意する必要があります。

FUTURE FUNK はシンプルな化粧箱入り

FUTURE FUNK(化粧箱入り)
FUTURE FUNK(化粧箱)

FUTURE FUNK はシンプルでおしゃれな化粧箱に入っているので、ギフト・プレンゼントにも最適。一風変わった腕時計を進学祝いや就職祝い、父の日のプレゼントにするのもおすすめです。

「FUTURE FUNK」で今日の暮らしを楽しむポイント

時計の機能だけならスマートフォンでも十分ですが、腕時計はファッションアクセサリとしての機能をかねています。

一般的な腕時計も良いけれど、一風変わった「ローラー・ディスク式の腕時計」をコレクションのひとつに加えると、アクセントになって格好良いですよね。

FUTURE FUNK は1万円程度から手に入ります。ぜひレトロな趣きと、未来的な格好よさが融合した格好良さを楽しんでみましょう。

\ほかのファッション雑貨もチェック/
セレクトして更新中

無料ダウンロード

gooddaydialyアイキャッチイメージ
手帳リフィル

システム手帳やルーズリーフに印刷して使える手帳リフィル。随時追加中!

一覧へ

文庫本カバー「青空、羽ばたけ。」
文庫本ブックカバー

A4用紙に印刷して利用できる文庫本ブックカバー。現在6種類!

一覧へ

FOLLOW ME

SNSで更新情報をお知らせ
Facebook Twitter Feedly