おせち料理の意味と由来は?|正月料理に込められた願い・ルールを知って暮らしを楽しむ

おせち料理の意味と由来|込められた願いとルール

おせち料理を囲みながら、家族や親戚と1年の始まりを祝うという日本の伝統的な風物詩。

近年は24時間・365日ずっと飲食店や小売店が開いていることもあり、おせち料理を自宅で囲むことも少なくなりました。

しかし日本の伝統的な正月料理である「おせち料理」には、様々な願いが込められています。

一年の始まりにゲン担ぎとして食することで1年間を楽しく過ごすことは、慌ただしい毎日を過ごす現代人にとって、とても意味のあることだと思います。

そこでこの記事では、おせち料理の意味と由来、込められた願い・ルールをまとめています。

おせち料理って何?

おせち料理はもともと御節供(おせちく)と呼ばれ、五節句(人日(じんじつ)(=一月七日)、上巳(じょうし)(=三月三日)、端午(たんご)(=五月五日)、七夕(しちせき)(=七月七日)、重陽(ちょうよう)(=九月九日))に神様に供えられた料理のことです。

おせち料理は重箱に詰めることで、「めでたさを重ねる」という願いが込められています。正式には与の重(四の重)まであるものですが、近年では三段重が一般的になっています。

一の重(祝い肴)の材料に込められた願い・意味

一の重は重ねた時に一番上にくる重のことで、祝い肴(いわいざかな)が詰められます。

代表的な料理とその意味は次の通りです。

黒豆

まめ(豆)に働くという意味で、健康・長寿の願いが込められています。

数の子

たくさんの子であることから、子孫繁栄への願いが込められています。

田づくり

カタクチイワシの佃煮のことで、これを肥料として田畑が豊作になったことから、五穀豊穣への願いが込められています。

栗きんとん

黄金色であることから、商売繁盛への願いが込められています。

昆布巻き

よろこぶ(昆布)という文字から、縁起が良いものとして扱われています。

二の重(口代わり・焼き物)の材料に込められた願い・意味

三段重の真ん中にくる二の重は、口代わり・焼き物が詰められます。口代わりとは、会席料理などでお酒の肴になるものが少量ずつ盛り合されたものの事を言います。

代表的な料理とその意味は次の通りです。

紅白なます

お祝いの紅白の水引イメージして縁起物とされています。

海老

腰が曲がるまで長生きするという願いが込められています。

めでたい(鯛)という文字から、代表的な縁起物として扱われます。

三の重(煮物)の材料に込められた願い・意味

三段重の一番下である三の重に詰められるのは煮物です。

代表的な料理とその意味は次の通りです。

里芋の煮しめ

小芋がたくさんつくことから、子孫繁栄への思いが込められています。

レンコンの煮しめ

穴が空いていて見通しが良いことから、縁起物とされています。

ゴボウの煮しめ

長く根をはることから、長生きへの願いが込められています。

今日を楽しむヒント

日本の伝統「おせち料理」には、様々な願いが込められています。1年の始まりにぜひ、縁起物を食べて楽しい一年のスタートにしたいですね。

とはいえ、家でおせち料理を作るのは大変ですよね。

そんな時はネット通販で購入できるおせち料理が便利です。伝統的な料理だけでなく、さまざまな工夫を凝らした美味しいおせち料理を味わうことができますよ。

無料ダウンロード

gooddaydialyアイキャッチイメージ
手帳リフィル

システム手帳やルーズリーフに印刷して使える手帳リフィル。現在9種類!

一覧へ

文庫本カバー「青空、羽ばたけ。」
文庫本ブックカバー

A4用紙に印刷して利用できる文庫本ブックカバー。現在6種類!

一覧へ

FOLLOW ME

SNSで更新情報をお知らせ
Facebook Twitter Feedly